ラ・メールブログ

みなとみらいホールにて

久しぶりにクラシックを聞いてまいりました。

一度は聞いてみたかった辻井伸行さんのピアノです。

始まりはドビュッシーのアラベスク。
彼が弾き始めた瞬間から会場は独特の空気に包まれました。

その透明で澄みきった清らかな音と彼が放つ
天使のようなオーラに衝撃と感動で胸を打たれました。

人が心を動かされるとき、それは一体、何処から
やってくるものなのでしょう?