ホーム > コンセプト

コンセプト

コンセプト

ラ・メールクリニックでは、ナイーブ治療を行なっております。
具体的には、①痛くなく、②なるべく削らない、③きれいで美しい見た目、④長持ちする治療の4つを特に意識しております。

無痛治療とは なるべく削らない治療とは
長持ちする治療とは キレイに美しい治療とは

ラ・メールクリニックの無痛治療について

痛みを最小限におさえた麻酔による無痛治療

多くの歯科治療で麻酔を使用します。ラ・メールクリニックではこの麻酔を出来るだけ痛みを感じない方法で行っております。まず、麻酔をする歯肉表面に表面麻酔(塗り麻酔)を塗り数分間歯肉表面の感覚が麻痺するまで待ってから時間をかけてゆっくり麻酔をしています。お痛みはほとんどありません。

ーザーによる痛くない虫歯治療

無麻酔で行います。痛みは全くありません。(歯の溝に出来た小さな虫歯限定)

メラニン除去

表面麻酔とレーザーだけを使用し数回行います。注射による麻酔は使いませんがお痛みはほとんどありません。


なるべく削らない治療について

ラ・メールクリニックの虫歯治療

ラ・メールクリニックでは虫歯の部分だけが赤く染まる虫歯検知液を使い、虫歯だけを丁寧に削っていきます。
余計に歯を削らずに出来る限り健全な歯は温存させるように慎重に行います。(ナイーブ治療)

レーザーによる虫歯治療

歯の溝に出来た小さめの虫歯はレーザーを照射することにより溶けてなくなります。
虫歯だけを選択的に溶かしていきますので歯を削ることなく最小限の侵襲で治療を
終えることが出来ます。
☆萌え変わったばかりの永久歯には特にお薦め致します。  
☆虫歯が深部まで広がっている場合には適応出来ません。


コンポジットレジンによる虫歯治療

コンポジットレジン充填とは虫歯部分だけを削り歯科用のプラスチックを詰める方法で歯全体を削ってかぶせる方法よりも歯を削らずに治すことが出来ます。
このプラスチック材料(コンポジットレジン)は近年目覚ましく進歩し以前に比べて接着力、強度などを増したためある程度の大きさの虫歯でも歯全体を削ってかぶせてしまわなくても治せるようになって来ました。
色の種類も増えたので以前より審美的に美しくきれいに治療することが出来ます。

before
 
After

⇒

            ←上の前歯を6本、歯全体を削ってかぶせてあるケース
(保険前裝冠)
部分的に詰めて治したコンポジット治療(右上の写真)と
比べていかがですか?天然の歯の美しさには敵いません。
残せる歯はむやみに削ってしまわずに大事にしましょう。
 

ラ・メールクリニックのスマイルデザイン

ラ・メールクリニックでは天然の歯の美しさを大事に考え、残せる所はなるべく削らずに治療することをお勧めしています。コンポジットレジン治療で大事なのは「色合わせ」です。天然の歯の美しさを阻害してしまうような治療では意味がありません。この治療を受けていてその方の歯の色に全くあっておらず、かえって目立ってしまうような悲しいケースをよく見かけます。
ラ・メールクリニックではこの「色合わせ」に時間をかけ、時には数種類の色をブレンドしながらその方にあった色選びをしていますのでどこを治療されているのかほとんど分かりません。

before  
 
After   

上の前歯の根元に実際の歯よりも白すぎる
色で詰めてあるのでどこを詰めてあるのか
一目瞭然に。
⇒

ラ・メールクリニックでこの方にあった色を
ブレンド。以前より自然な仕上がりに。
 

※コンポジット材料には保険適応外のものもあり目立ちやすい前歯や色合わせが難しい方にはそちらを
おすすめいたします。

→くわしくは「審美歯科」をご参照下さい。

矯正治療
 

八重歯など歯並びの悪い所は抜歯をして出来た隙間を埋めるように両隣の歯を削ってセラミックなどの白い歯を入れる。という治療の選択もあります。でも一度削ってしまった歯は元には戻りません。虫歯でもない歯を削ってしまうのはとても残念なことです。一度削ってしまった歯に起き得る虫歯や歯周病のリスクを考えますと少々時間や費用がかかっても歯を余計に傷つけて治すのではなく矯正治療をおすすめ致します。
 

before
 
After
⇒
 → くわしくは「矯正歯科」をご参照下さい。

インプラント治療

インプラント治療がスタンダードになる前までは抜歯をした所を補うために両隣の歯を全周削って橋渡しする「ブリッジ」を装着するか入れ歯を使って頂くしか方法はありませんでした。インプラント治療のメリットは抜歯をした所以外の歯に一切傷をつけずに単独で治せることです。また小さな入れ歯ほど患者さまは装着しないで過ごす傾向にあります。入れなくても食べれるから、入れると違和感で食事が美味しくないなどの訴えからです。
しかしその状態をそのまま続けていると残っている歯が無い歯の分まで機能しなければならないため、余計な負担がかかり結局残っている歯の寿命を知らず知らずのうちに短くしてしまう恐れがあります。また部分入れ歯についているバネも歯が本来対応する必要のない横からのねじれた力をかけてしまうことでバネを掛けている歯の寿命についても同様のリスクを伴います。これらの理由から今やインプラントという治療の選択は抜歯をした所の修復のみならず、歯を一本喪失してから起こりうるリスクを最上限に食い止めることが出来るという意味で無くてはならないと言えるかと思います。

長持ちする治療について

私は緑が好きです。季節によって変化する花や木々、海も大好きです。
美しい自然に触れ、心が癒されると自分が生かされていることを素直に感じることが出来ます。人工的に作られたものには何も感じられません。
 
でも自分では「エコロジスト」でありたいと思いながら『物を大事に大切に、無駄無くキレイに使う。』その積み重ねで何かが少しずつでも変わってくれたら、そう願いながら日々ほんのわずかな心がけを続けております。
 歯の治療も同じようなことではないかと思います。

 
虫歯や歯周病は自然に治癒することはありません。ですから歯科治療をすることは必要です。
ただし人間には自浄作用、免疫力といった力が備わっております。歯科医はあくまでそのお手伝いをし、それらを阻害し妨げとなるような治療をしてはならないと考えます。
 
天然の歯の美しさ、透明感にはどんなに技術が進歩してもかなわないのではないかと私は思います。
『歯を削って被せて真っ白い歯を入れる』某野球選手のような口元を私は美しいと思えません。
もちろん虫歯が歯の深部まで及び、健全な歯がほとんど残せない場合にはやむを得ません。その時は出来るだけ天然の歯に近い色合わせを丁寧に行い美しくキレイに治します。
しかしただ歯を真っ白くしたいという理由だけで歯全体を削ってかぶせるというのはエコロジストである私にとってはかなり抵抗があります。
 
理由は一度削った歯に起きるリスクからです。かぶせた歯にはご自身の歯とかぶせた物の間に段差(マイクロギャップ)をどうしても生じさせ、そこに汚れが付着、停滞しやすくなり自浄作用の妨げとなってしまうことがあります。
またそこから二次的に虫歯になり再治療が必要になることもございます。歯をむやみに削れない訳は歯周病や虫歯のリスクを高めてしまいかねないという側面があるからです。(これは、長持ち治療でもエコロジーともいえません)
例えば、歯と歯の間をつなげてしまうような詰め物、よく研磨をしていないギャップだらけの詰め物、ご自身の歯にきちんとあっていないギャップの大きなかぶせ物、、、これらはそのリスクをより高めることになります。ラ・メールクリニックでは一つ一つの治療を丁寧に行うことでそれらを最小限に停める努力をしております。(長持ち治療)


 『歯なんて痛くなったら歯医者に行って詰めてもらえばいい』とは考えずにいて下さい。
人が本来持っている抵抗力を生かすために検診にいらして下さい。虫歯も痛くなる前の初期の浅いものでしたらすぐに削って詰めたりせずにきちんと磨くことで進行を食い止めることが出来ます。ただそれがどこであるかをご自身で見つけることは難しいので、定期検診を受けて頂ければそちらもご説明させて頂きます。
削るところが増えるほどリスクも増えていくのですから、予防がいかにお口の中の健康を保ち、歯を長く持たせる最良の手段であるかを理解して頂けたらと思います。
  
虫歯だけでなく歯周病も同様です。歯周病は虫歯と違い、無症状に経過するので重傷になるまで自覚症状が
ありません。そして完全に治すということは未だに難しい病気です。
 
歯周病の原因となる歯石は細菌のすみかです、石のように硬くご自身で取ることは出来ませんので早急に歯科医院で取る必要があります。また見えるところには歯石がついていなくても知らぬ間に歯茎の中に入りこんでいる歯石もございます。付着した歯石を取らずに放置していると歯周病の原因菌が出す毒素により周辺の歯肉は炎症を起こし赤く腫れていることが多くみられます。

しかし原因となる歯石を取ってしまえば歯肉の赤みや腫れもすぐになくなり本来持っていた健康な歯肉を取り戻します。(免疫力)
 
ただしこれは歯の表面に見えているもの、もしくは歯茎の中の比較的浅い所に付着した歯石に限ります。自覚症状がないため歯石がついているとは気づかず何年も検診も受けずに放置され、どんどん深い所まで入り込んだ歯石ほど取れづらく、歯周病が既に進行しており手遅れになることがよくあります。
 
『もっと早く来ていれば良かった、、、』と言われる患者様は多いです。つまり検診に来られなかったことが悪くなった原因であると歯を悪くしてからもしくは歯を失ってから気付き、後悔されているのです。
 
こういったことを防ぐには検診するたびに全ての歯の歯周ポケット検査を行い、こまめに治療をすること。そしてそれを定期的に続けることです。これは歯周病を進行させないための一つの大事な治療です。なかなか理解されない患者様もおられます。
 
『来ても毎回、同じことをするだけ』
『なんでこんなに長くかかるのですか?』
 
歯周病治療はひどくする前でしたらそんなにお時間をかけずに終えられますがそうでない方は地道にやるしか方法がありません。どうか予防の大切さ知って頂き、予防を徹底して取り組みながら健康で長生きするためのお手伝いをさせて頂ければと思っております。

キレイで美しい治療について

インプラント治療

歯を抜いて入れ歯をいれてしまうと人によっては「もう歳だな〜」と気持ちが老け込んでしまったり、落ち込んでしまわれる方がいらっしゃいます。その点、インプラントで治療を行った場合には天然歯と変わらない咬み心地で見た目にも全く気づかれず人前でも気にせずにお食事、会話をすることが出来ます。

またインプラントをいれることで失った歯の周りの組織(歯肉、歯槽骨のレベル)を維持することも出来ます。
残念ながら、抜歯後入れ歯にすると周囲の組織は徐々に痩せてくるので、「老け顔」になってしまうことも多々あります。インプラントはアンチエイジング治療としても考えられております。

矯正治療

ラ・メールクリニックでは部分矯正または透明マウスピースによる矯正治療を行っております。ほんの少し治すだけでイメージは大分変わります。(スマイルデザイン)上下全体を大幅に治す必要のある方には専門医へのご紹介をさせて頂いております。

メラニン除去(歯肉の着色除去)

せっかくキレイに歯を治してもまた悪いところのない歯並びのキレイな方でも歯肉のメラニンは美しさを半減させてしまうことがあります。もしくは不健康なイメージに映ってしまうこともあります。美しいスマイルデザインにメラニンの除去は必須です。

ホワイトニング

年齢を重ねるごとに、嗜好品などにより歯の色は変化していきます。また生まれつき色調の濃い方もいらっしゃいます。歯の色を白くすると透明感、清潔感が増しスマイルデザインには欠かせません。
歯が白くキレイになると不思議と以前よりも歯磨きをきちんとするようになるようです。ご自身のお口の中に興味をお持ちになりホームケアをして頂けるということでも効果的です。またホワイトニング後は歯の表面が滑らかになるので汚れが付きづらくホームケアをしやすくなります。着色しやすい方にもお勧めいたします。

スマイルデザイン

美しいスマイルには歯の形や大きさ、長さの黄金比を守ることが大切です。またその方にあった色も含め
ご提案、ご相談させて頂きながら治療を進めて参ります。