ホーム > 予防歯科

予防歯科

予防歯科

かつての歯科医院で最初にすることは『まず患者さまの痛みを取り除く』であったかと思います。

以前は歯が痛くなって初めて歯科医院に行かれる方が多かったのかもしれません。そのために歯医者=虫歯を治すところという固定観念をお持ちの方はまだたくさんおられるのではないかと感じます。もちろん患者さまのお痛みを早く取り除くということも大事ですし、歯科医院に来院するきっかけは今も大概そうです。

でも患者さまの求める『なるべく抜きたくない』を実現させるためには痛いときだけではなく定期的な検診、歯槽膿漏(歯周病)のcheckをすることが不可欠です。虫歯も歯周病も定期検診を受けてその都度、ケアを行えば予防が出来ます。

痛い所がない方でもどうぞ検診にいらして下さい。
  
歯周病は虫歯と違い、無症状に経過するので重傷になるまで自覚症状がありません。そして完全に治すということは未だに難しい病気です。歯周病の原因となる歯石は細菌のすみかです、石のように硬くご自身で取ることは出来ませんので早急に歯科医院で取る必要があります。また見えるところには歯石がついていなくても知らぬ間に歯茎の中に入りこんでいる歯石もございます。付着した歯石を取らずに放置していると歯周病の原因菌が出す毒素により周辺の歯肉は炎症を起こし赤く腫れていることが多くみられます。

しかし、原因となる歯石を取ってしまえば歯肉の赤みや腫れもすぐになくなり本来持っていた健康な歯肉を取り戻します。(免疫力)

ただしこれは歯の表面に見えているもの、もしくは歯茎の中の比較的浅い所に付着した歯石に限ります。自覚症状がないため歯石がついているとは気づかず何年も検診も受けずに放置され、どんどん深い所まで入り込んだ歯石ほど取れづらく、歯周病が既に進行しており手遅れになることがよくあります。

『もっと早く来ていれば良かった、、、』と言われる患者様は多いです。つまり検診に来られなかったことが悪くなった原因であると歯を悪くしてからもしくは歯を失ってから気付き、後悔されているのです。

こういったことを防ぐには検診するたびに全ての歯の歯周ポケット検査を行い、こまめに治療をすること。そしてそれを定期的に続けることです。これは歯周病を進行させないための一つの大事な治療です。なかなか理解されない患者様もおられます。

『来ても毎回、同じことをするだけ』
『なんでこんなに長くかかるのですか?』

歯周病治療はひどくする前でしたらそんなにお時間をかけずに終えられますがそうでない方は地道にやるしか方法がありません。どうか予防の大切さ知って頂き、予防を徹底して取り組みながら健康で長生きするためのお手伝いをさせて頂ければと思っております。