ホーム > 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、歯の機能を回復するだけでなく、歯の美しさを取り戻すことを目的とした歯科治療のことです。歯には食事をするという機能的な側面と、美しい歯並び、笑顔を作るという審美的な側面がありますが、ともに日常生活を送るには重要な要素です。   

審美歯科とはこの両方に焦点を当てさらに患者様のご希望を取り入れながら患者さまにマッチした口元の美を求めていく歯科治療です。
ラ・メールクリニックでは審美歯科ではなく「スマイルデザイン」と考えております。
スマイルデザインは、部分的な治療ではなく美しいスマイルを実現させるためのトータル治療が必要な場合もございます。
例えば歯をきれいに治療してもスマイル時に歯茎の黒いメラニン沈着があれば台無しになってしまいますし、高価なセラミックを使って治したのに色や形が全く合っていない。これではスマイルデザインとは言えません。

治療内容説明

オールセラミック治療
金属を使わないセラミック治療で金属アレルギーの方にもおすすめ致します。
通常のセラミック治療では金属冠の上にポーセレン(セラミック)を焼き付けて製作します。そのため金属色の銀色を完全遮断することは難しくまたその金属色を遮断するように作らなければならず天然歯のような光を通す透明感を再現するのに限度があります。
それに比べて、オールセラミック治療では金属を全く使っていないので極めて天然の歯に近い透明感や色を再現することが出来るので最も審美性の高い治療法です。

前歯一本だけを治したいとき、特におすすめ致します。このとき、重要なのは「色合わせ」です。

セラミックとオールセラミックの比較

セラミック治療(メタルで裏打ち)
               オールセラミック治療(メタルレス)

上の前歯6本をセラミックで治療。
やはり透明感ではどうしてもオールセラミックより劣る。白い歯はキレイだがかぶせているのは分かってしまう。

 

上下の前歯1本ずつオールセラミックで治療。
天然歯と同様の透明感。
衛生士でも見分けがつかない。
 


 
 
 

セラミックで前歯4本治療。
中の金属色がどうしても邪魔して、天然歯の透明感が出せないまた歯肉に黒い陰が出来てしまう。

 

オールセラミックでやり直す。
金属を使っていないので天然の歯と同等の色や透明感を再現出来る。歯茎に金属の陰も映らず自然な美しさで見分けがつかない。


ラ・メールクリニックでは患者さまとご相談しながら患者さまの歯の色を数あるシェード(歯の色調を見るためのガイド)の中から慎重に選びます。歯の色は千差万別です。部位によっても変わって来ます。
せっかく高価な審美治療を受けても合わない色で仕上げたのでは全く意味がありません。
どうしても難しいシェードの方には最新機器(ペントロン シェードテイク)を使用して製作することもございます。
ご安心下さい。かなりの精度で本物同然の色調を再現出来ます。


←上の歯1本だけをオールセラミックにて治療、この方のシェードは難しかったためペントロンにてシェードテイクし製作。
どこを治療したかほとんどの人には見分けがつかないほど、自然で他の天然歯にとけ込んでいる。



 
←ペントロンのシェードテイク(色合わせ)するときに使用する機械で撮影したデータです。






 

また時間が経過すると通常のセラミック治療では裏打ちしてある金属のラインが見えてきてしまうこともあります。これもまたスマイルデザインにおいて好ましくありません。スマイル時、残念ながらそこにだけ目がいってしまいます。オールセラミック治療ではそのようなこともありません。

    
    

古くなったセラミック治療。歯肉に金属ラインが見えてしまい審美障害となるケース。
笑う度に金属の黒いラインが見えてしまうのは美しいスマイルデザインにおいてはNG。

 

オールセラミックにて再治療。
ペントロンにてシェードtake、かなりの精度で周囲の歯と同じ色調、透明度を見事に再現。
全く分からない。


ラ・メールクリニックでは製作する技工士さんとも常にコンタクトをとりながら進めて参ります。
歯の色合わせはもちろん大事なことですがそれだけではなく、咬み合わせや患者さまの習慣、ご希望、お口全体の治療経過などを伝えながらチームアプローチとして一緒に仕事を進めることで良好な結果を得られると考えております。

ナノテクノロジーを使った最新コンポジットレジン材料による審美処置
 

コンポジットレジン材料による治療は保険適用、保険適用外の二種類がございます。
より審美性が高く、かけたり削れて摩耗したりしずらく強度に優れ、表面の滑沢さ(なめらかさ)に優れているのは保険適用外のナノテクを使った材料です。
どちらにしても虫歯の部分だけを削って歯の一部分を詰めて治す治療法なので肝心なのは「色合わせ」です。
ラ・メールクリニックではこの色合わせに時間をかけ丁寧に行っています。数種類の異なる色のペースト材料を何層にも重ね合わせてその方に出来るだけあった色を再現するようにしています。よく見ると歯の色は単一ではなくグラデーションになっているのです。前歯の処置では特に気を使います。

 

 

数年前に、前歯にラ・メールクリニックで保険適用のコンポジットレジンにて修復しましたが、一部かけてしまったのと色合わせが難しく、保険適用外の材料でやり直す。

 

ナノテクの材料でやり直したので境目も
目立たなく色合わせも以前より自然に馴染んだ。


 

やはり、数年前にラ・メールクリニックで前歯を保険のコンポジットレジンにて修復したがこれが限界。よく見ると境目が分かるのと色合わせもやや白浮きしている。。。

 

患者さまのご希望もあり最新材料にて再度修復しなおす。ほとんど境目も分からない。
保険材料と明らかに色合わせではこちらの方がキレイ。



この新しいナノテクノロジーを利用したコンポジットは36色の種類があり保険では出せない微妙な色を再現することが出来るようになりました。
保険材料に比べてナノの粒子が細かいため強度、光沢感でもかなり違いがあります。(美しくキレイに治す治療 として考えられます)
保険材料ではどうしても粒子の大きさから水分を含みやすく治療直後はきれいに仕上げても数年経過すると黄色っぽく変色してきたりかけてしまったりします。
そんな欠点を補うように開発された最新材料は保険適用外ではありますが、治療の幅も広げています。
最近ではコンポジット材料の接着、強度両方の精度が目覚ましく向上進化したため、以前に比べてある程度の大きさの虫歯でも歯全体を削らなくても治せるようになって来ました。(なるべく削らない治療  として考えられます)

その他の審美歯科