ホーム > インプラント

インプラント

健全な歯を削らないための「インプラント」という選択肢

インプラントをお考えの方へ

インプラント治療がスタンダードになる前までは抜歯をした所を補うために、両隣の歯を全周削って橋渡しする「ブリッジ」を装着するか、入れ歯を使って頂くしか方法はありませんでした。

インプラント治療のメリットは抜歯をした所以外の歯に一切傷をつけずに単独で治せることです。また小さな入れ歯ほど患者さまは装着しないで過ごす傾向にあります。入れなくても食べれるから、入れると違和感で食事が美味しくないなどの訴えからです。
しかしその状態をそのまま続けていると残っている歯が無い歯の分まで機能しなければならないため、余計な負担がかかり結局残っている歯の寿命を知らず知らずのうちに短くしてしまう恐れがあります。

また部分入れ歯についているバネも歯が本来対応する必要のない横からのねじれた力をかけてしまうことで、バネを掛けている歯の寿命についても同様のリスクを伴います。

これらの理由から今やインプラントという治療の選択は抜歯をした所の修復のみならず、歯を一本喪失してから起こりうるリスクを最上限に食い止めることが出来るという意味で無くてはならないと言えるかと思います。

「アンチエイジング」としてのインプラント治療

抜歯をして入れ歯を入れると人によっては「もう歳だな〜」とか「すっかり老人だ〜」と気持ちが老け込んでしまったり、落ち込んでしまわれる方がいらっしゃいます。
その点、インプラントで治療を行った場合には天然歯と全く変わらない感覚で歯を抜く前の状態と同じく、咬み心地にも違和感なく、見た目にも全く気づかれずに人前で当たり前のように気にせずにお食事、会話をすることが出来ます。
入れ歯についてこれと同様の説明をすることは残念ながら出来かねます。入れ歯を入れて咬んだりお話したりするのに慣れるまで時間がかかりますし、人によってはその違和感、異物感に耐えられない方もいらっしゃいます。また入れ歯の場合、どうしても食事をするごとに入れ歯の中に食べ物が入り込んでしまうため食事の都度、はずして洗わなくてはなりません。

インプラント治療はこうした煩わしさや違和感がないだけではなくインプラントを入れることで歯を抜いた後に起きてくる失われた歯の周囲の組織(歯を支えていた歯槽骨や歯肉のボリューム)が減少、吸収してくるのを抑え、歯を喪失してもそれらを維持することが出来ます。
残念なことに抜歯後入れ歯にすると、周囲の組織が徐々に痩せてくるのでいわゆる「老け顔」になってしまうことがよくあります。

このような意味でインプラント治療はアンチエイジング治療としても考えられております。
長くなった人生の質(Q.O.L)の維持向上にとりインプラント治療は素晴らしい治療方法です。

インプラント」とは?

抜けてしまった部分に、人工の歯を埋め込む治療を指します。最近「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。 歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

インプラント治療について

人工の歯根となるインプラントはチタン製です。チタンは骨と結合する特性をもっています。また、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われており、金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用していただけます。顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらついたりせず、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などと比べてもメンテナンス面で優れています。天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができる、それがインプラント治療なのです。

当院のインプラント材料について
 

当院で使用しているインプラントはインプラント発祥の地、スウェーデンのアストラテック社のインプラントで、世界中の専門家から愛用されているものです。
また、長年に渡り世界中で臨床実験を実施しており、世界が認めるインプラントシステム(世界3大インプラントの1つ)で、生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いています。
→くわしくは「アストラ社のホームページ」をご参照ください。


当院の安心なインプラント治療

当医院では、インプラント治療や抜歯、外科処置を行う際、術前にその患者さまの健康状態について服用中のお薬なども含め、必ず確認しております。

術前検査で病院内の内科をご紹介し調べてもらったところ「インプラント前に自覚がなかった高血圧が分かってこれをきっかけに治療を始めることになり調べてもらって良かった」という方もいらっしゃいます。

またインプラント埋入部位のCT検査も必ず行っております。
全身状態を確認する内科やCT撮影を行うレントゲン科も院内にございますので患者さまは安心して外科処置を受けることが出来ます。

またその際、内科医との連携をしておりますので持病のある方につきましても、術前における注意点や投薬についてなど内科医からの適切な判断を頂いてから処置に入ります。

また当院での治療が難しいケースにつきましては大学病院口腔外科、歯周病専門医、根管治療専門医、矯正専門医との連携もございますので必要に応じ、高い技術をお持ちでおられる専門の先生方をご紹介させて頂いております。

症例写真を紹介します。

Before
 
After
→