ホーム > ナイーブ診療の流れ

ナイーブ診療の流れ

治療の流れ

STEP1 初診でのご来院
初診でのご来院

初診でのご来院当院は予約優先制となっております。
待ち時間を少なくするためにも、事前にお電話でご予約されてからのご来院をお勧めいたします。
ご来院いただきましたら、「問診表」にご記入ください。
診療室で再度確認させていただきますが、できるだけ詳しくご記入ください。

 
STEP2 症状のチェック
症状のチェック

多くの方が痛みや腫れ、出血などの自覚症状をお持ちになって来院されます。
まずは、気になる症状の診査、診断をし、応急処置を行います。
緊急を要しない全体的な治療をご希望の患者様の場合には、カウンセリングルームでご希望をお伺いして、詳しい診査に移ります。

 
STEP3 全体的な診査、診断
全体的な診査、診断

全体的な診査、診断 急性症状などが改善してから、お口の中全体の診査を行います。できるだけ詳しく診査するために、細かなレントゲンでお口の中を撮影させていただきます。時間の都合や気持ちが悪くなる方の場合にはパノラマレントゲンという顎全体のレントゲンを撮影いたします。

また、治療方針をさらに詳しく診査する場合には、デジタルカメラを用いたお口の中の写真撮影や模型作製をいたします。(すべて保険適応)
さらにむし歯リスクや全身的な疾患(B型肝炎やC型肝炎、メタボリックシンドロームなど)のチェックもご希望の場合には保険外で診査することができます。

 
STEP4 カウンセリング
カウンセリング

カウンセリング 今後起こりうる疾患や放置することによる弊害をお話してから、治療方針を相談していきます。この時点で、どこまでの治療を希望されるか、また、治療期間やだいたいの費用などを決めていきます。

 
STEP5 全体的な歯科治療
全体的な歯科治療

全体的な歯科治療 基本的には保険適応内の治療を行います。しかし、現在の保険制度では、材料や設計など多くの規制があります。
より快適で長持ちする治療をご希望の場合には保険外診療もご用意しております。

 
STEP6 アフターメンテナンス
アフターメンテナンス

アフターメンテナンスに移行 治療終了後も油断するとむし歯や歯周病が再発してしまいます。個人のリスクに合わせたリコール期間、内容をご案内いたします。